エクセル

群馬県伊勢崎市にあるパソコン技術支援の業者です。

当社は5人〜20人規模の企業・法人様を対象としたサービスを提供しています。

コンピュータシステムのメンテナンスやパソコン導入・入替のコンサルティングが得意です。

連絡先

TEL 0270-24-6253

携帯 090-8490-5606

後閑克己

Youtubeで動画を公開しています。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL VBA編 Do Loopによる繰り返し処理


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
この動画はVBA編でDo Loop という構文を使って条件を満たすまで繰り返すという処理を行っています。
コンピュータで計算処理をする場合、繰り返すというのが一つの定型作業となっていて、人間では最後まで正確に行う事が困難な繰り返し処理でもVBAを使えば一瞬で終了します。
分かりにくい箇所がありましたらコメントにてお知らせください。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL ローン計算2 PPMT関数,IPMT関数


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
2回にわたってローン計算に使われるPMT関数について説明しています。
PPMT関数は返済額のうち、元金がいくらなのかを計算してくれる関数であり、IPMTは返済額のうち利息がいくらかを計算してくれる関数です。
これらを利用すると、ローンの返済計算やシュミレーションといった書類が短時間で作成する事ができます。
分かりやすく説明しているつもりですが、質問がありましたらお気軽にコメントください。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL ローン計算1 PMT関数


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
2回にわたってローン計算に使われるPMT関数について説明しています。
PMTはPayment(支払)からきていて、借入金がいくらで返済期間が何年で利息がこれという値を渡すと返済(支払)額を計算してくれる便利な関数です。
分かりやすく説明しているつもりですが、質問がありましたらお気軽にコメントください。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL リスト機能4 掛率を使って自動計算する


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
4回シリーズで納品書の作成に必要な知識をお送りします。
4回目は得意先に掛率を設定して、得意先をリストから入力→商品をリストから入力→掛け率によって商品の単価を自動計算する方法を説明しています。
質問はお気軽に。
企業・法人向けエクセル講座を開催しています。
詳しくはお問い合わせ下さい。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL リスト機能3 得意先によって販売単価を変更する


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
4回シリーズで納品書の作成に必要な知識をお送りします。
3回目は顧客によって販売単価を変更する方法について説明しています。
卸などまとまった商品の販売を行う際、得意先によって単価を変えるという事はよくあります。
得意先によって年間取引額が違いますし、販売する商品も異なりますのでそういった事情によって単価を変えるのは一般的に行われています。
それをEXCELで実現する方法を説明します。
質問がありましたらコメント欄からお知らせください。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL リスト機能2 単価を自動で入力


10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
4回シリーズで納品書の作成に必要な知識をお送りします。
2回目はVLOOKUP関数を使って商品の単価を自動入力する方法について説明しています。

無料EXCEL講座 10分で覚えるEXCEL リスト機能1



10分の動画を見るだけで覚えられるエクセル講座をお届けします。
今回から4回シリーズで納品書の作成に必要な知識をお送りします。
1回目は納品書の基本部分の作成と商品リストを使った商品の入力方法の説明をしています。

エクセルのブックにはゴミが溜まる

ある企業の経営者の方から、エクセルの動作が遅くなったという相談を頂きましたので早速訪問し、状況を確認してみました。

その方は社員の出勤簿をエクセルで作成していて、そこで記録した勤務時間に基づいて給与計算を行っています。

確認したところ、そのエクセルのブックを開くのに数分間もかかる状況になっていました。

ブックが開くまでの数分間という時間はとてつもなく長く感じられます。
ファイルサイズを確認したところ約30MB程。
10名程の社員の12ヶ月分の出勤簿にしてはサイズが大き過ぎます。

これを見て原因が分かりました。

エクセルのブックは、開く -> 編集 -> 保存 というサイクルを何100回、あるいは1,000回以上も繰り返すと、ブックの中に"ゴミ"が蓄積されていく事が分かっています。

そして、エクセルにはそのゴミ(贅肉といってもいいかもしれません)を掃除してきれいなブックにするという機能はありません。

これを解決するためのシェアウェアがいくつか公開されていますが、私自身が使った事のないソフトですので機能についてはコメントできません。

このような、ゴミのためにパフォーマンスが低下する事態を回避するためには、利用方法を工夫する必要があります。

つまり、今回の出勤簿や売上日計表など、毎日開いて編集する必要のあるブックは、1年程度を上限にしてそれ以上はコピーして使用しないほうがいいという事です。

この場合、最初にテンプレートを作成しておき、1年が終了したら新年度からはそのテンプレートから新規に作成したブックを使用するようにすればブックがゴミで膨れ上がる事はないはずです。

今回のお客様の場合も、私がテンプレートを作成して、新しいブックはこれをコピーして使うようご指導しました。

当然ですが新しいブックは瞬時に開くようになりお客様には満足いただいたようです。

マイクロソフトは数年おきに、一般の利用者が使うがどうかも分からないような機能を追加したソフトを新製品として発売しますが、実はこういった基本的な使い勝手に関わる部分は改善されていないのです。

こういった現象が避けられないのなら、せめて溜まったゴミを掃除する機能をもったソフトを同梱するなどの配慮が欲しいところです。
本人画像
twitter_widget
Skype Me
amazon
記事検索