成功法則

群馬県伊勢崎市にあるパソコン技術支援の業者です。

当社は5人〜20人規模の企業・法人様を対象としたサービスを提供しています。

コンピュータシステムのメンテナンスやパソコン導入・入替のコンサルティングが得意です。

連絡先

TEL 0270-24-6253

携帯 090-8490-5606

後閑克己

Youtubeで動画を公開しています。

状況を変えたければ思考を変える

Youtubeに投稿されていた動画で、非常に参考なり、かつ私が少なからず影響を受けたものがあります。
その内容は次のようなものでした。
--
仕事がうまくいかないという人に共通する事がある。
それは、"この仕事は報酬がこの額だから、それなりの仕事をすればいい" と考える事である。
--
数分程度の動画でしたが、語っていた女性の声や口調まで鮮明に記憶しています。
その時の自分の事を指摘されているように感じました。

人は誰しも"損をしたくない" という気持ちがあります。
"自分が安いと感じる報酬" で高い品質の役務を提供するのは損だと考えるのは自然な事かもしれません。
しかし、ちょっと待って下さい。
そのような思考をしている限り豊かになれないという指摘は正しいのです。

報酬が見合わないから品質の高い役務を提供しないという人は "自分が受け取る事" しか考えていません。
引き寄せの法則によれば、人は自分が出している波動と同じ種類の現象を引き寄せます。
なので、その人の周囲には"他の人には利益を与えたくない、自分だけが最大限に受け取りたい" という思考を持った人たちが集まってきます。
その状況で自分が豊かになれるかどうかは言うまでもありません。

現在自分が置かれている状況は、過去の自分が出した波動によって作り出されています。
状況を変えたければ波動を変える必要があります。
波動を変えるとは、この場合なら "与えられた仕事に感謝して報酬に拘らずにその時の自分にできる最高のサービスを相手に提供する" という事になります。
引き寄せの法則は常に作用しています。
波動を変える事で誰でも自分が願った状況を作り出せるのです。

出会いに必要なのは成長

世の中の多くの結婚願望がある独身者、中でも特に30代の女性は、"なぜ自分には出会いがないんだろう"と考えているのではないかと思います。
どうすれば素敵な(自分に適した)異性と巡り合えるのだろう" という疑問を持っている独身者は少なくないのでは と考えられます。ではその答えは何でしょうか?

これは多くの人が本に書いていますし、私自身も実体験として感じている事なのですが、"成長する事" がその答えです。
成長が必要なのは魂です。

この世の中には常に引き寄せの法則が作用しています。
その結果、今のあなたのレベルにふさわしい人で出会うというしくみになっています。
例えば、あなたが "私は収入の高い男性と結婚して、その後は夫に養ってもらい自分は働かなくてもお金には困らない生活を送りたい" と考えているとします。

これは"相手から奪う"という思考です。
引き寄せの法則では、"思考には波動があり、その波動に合った現象を引き寄せる" 事になっています。
つまり あなたのその思考によって、"配偶者に自分の面倒を見て欲しい" という思考の人物を引き寄せているのです。
これではいつまで経っても自分の理想とする人に出会えるはずはありません。
自分が結婚するのはこの程度の男性じゃない・・・と理想の結婚相手を追い求めている間に40代になってしまった女性もいるでしょう?

繰り返しになりますが、人はその時々の自分自身のレベルに合った人と出会います。
つまり、自分が希望する条件の人と出会いたければ、自分もそのレベルまで上がって行く事が必要なのです。
私たちはこれまでさまざまな経験をしてきましたが、魂の成長という視点で見ればどれも必要だった事なのです。
"自分にはなぜ出会いがないのだろう" という言葉の代りに "魂のレベルを上げるにはどのような思考や行動が必要なのだろう" という質問をしてみて下さい。
これによってあなたは確実に魂のレベルを成長させる事ができるはずです。

努力しているのに中々身を結ばない時、どうするか。


以前、私が英語のヒアリングを学んでいた時に経験した事を語っています。
実は大きな変化は急激に起こります。
そして、その大きな変化を起こすには投入した時間が一定の量に達する必要があるのです。

エステ業界は競争が熾烈

エステサロンの社長とご縁をいただいてウェブサイトの引っ越しやドメインの移管などの手続きを代行させていただきました。
いろいろとお話をうかがう中で驚いたのが、エステ業界の競争の激しさという事。

複数店舗を展開していて、ショッピングモールにも入っているある店舗では、両方の脇を脱毛して200円といった料金設定になっています。
一般的にはそのような "あり得ない" 低価格で集客する場合は、マーケティング用語でいうところの"バックエンド商品"が用意されているのが普通ですが、エステ業界ではそういった手法はとらないようで、実際に客として訪れてみても、何か高額商品を勧められる事はなかったとの事でした。
ここ伊勢崎は人口20万程度のよくある地方都市ですが、そんな場所でもこれだけ熾烈な集客が行われているのですね。

やはりマーケティング用語で"AIDMAの法則"というのがあります。
それが何であれ、商品やサービスを販売する場合、何はともあれ "知ってもら" わなければ始まりません。
その"知ってもらう"きっかけ作りとして事実上無料に近い料金設定をしているのだと思われます。
そこには企業が蓄積している "深い" 集客のノウハウがあるのでしょうね。

世の女性たちが美しくなるのは良い事ですのでエステ業界が活性化するのは男性として歓迎したいと思います。
これから景気が一層回復して、美を追求する女性たちがさらに増えて欲しいものです。

成功者が語る販売の極意とは

最近、とあるネット起業家の方の無料オンライン講座を受講する機会に恵まれた。
そして、併せてその起業家本人及び仲間がその人たちのメンターとスカイプを使ってセミナーを受けている音声を聞く機会にも恵まれた。

そのセミナーは、販売の極意というテーマで進められていた。
そのメンター氏は年間数億円を稼いでいるというから、間違いなくビジネスで成功している人の一人であろう。
そういった人物が語る販売の極意とはどのようなものなのか、音声を聞く前から非常に興味があった。
しかし、その販売の極意は意外な内容だった。

そのMr.Xなる人物が語る販売の極意とは、本物の人間になる事だという。
つまり、営業のマニュアル本に書かれているようなセールストークをマスターしたり、消費者の心理を学んでいかに買いたくなるような文言を考えるかという小手先のテクニックなどではなく、人間として本物になる事が必要だという。

私はこの話を聞いて、俗な表現ではあるが目からウロコが落ちた気がした。
確かに長期間に渡ってビジネスで成功している人のほとんどは非常に人間的に立派で魅力のある人ばかりだ。

一時的に成功してある程度の利益を出している経営者は多いが、人間的に本物でない人はやがてその資産を失う結果になっているのではないだろうか?
実際に私がこれまで関わって来た経営者の一人もそのようになっているし、北海道や岐阜で食肉の偽装をしていた企業の社長などはその典型的な例だと言えるだろう。

人間、オーナー社長など人の上に立って意のままに人を動かせるようになると、大切な事を忘れてしまうのではないだろうか?
その大切な事とは、自分自身もお客さんから常に評価の目にさらされているという事だ。

小規模な企業、特にオーナー社長の企業では明らかに理不尽な事や違法な行為を社員に強要している社長は少ないないのだろうが、そういった事をしている企業はやがて巡り巡って顧客から相手にされなくなるはずだ。
人に与えたモノを自分で受け取るという宇宙の法則があるからだ。

れが、本物の経営者と一時的にしか成功できないニセ経営者を分ける要素なのだろうと思う。
セミナーを聞いて、どこに行っても通用する本物の人間になりたいと心底思った。

セルフイメージを高める方法

突然ですが、セルフイメージという言葉をお聞きになった事はあるでしょうか?

セルフイメージとは、自分自身が自分の事をどう評価しているかという事を意味する言葉で、ビジネスであれ恋愛であれ、成功するには高いセルフイメージが必要である事がさまざまな研究で分かっています。


こんな話があります。

とあるホームレスの男性が途方にくれて力なく道端に座っていました。


そこへ、身なりのキチンとした紳士が歩いて通りがかりました。


ホームレスの男性はその紳士に声をかけました。

 ダンナ、オレにお金を恵んでくれないか?


紳士は答えました。

 いくら欲しいんだい。


男性

 10セントでいい。

紳士はそのホームレスに10セントを渡して立ち去りました。

 100ドルくれと言えばあげたのに・・・


ホームレスは自分が貧しい人間だというセルフイメージを持っていたので、せっかく100ドルもらえるチャンスがあったのにそれを逃してしまい、
わずか10セントに甘んじてしまったのです。


実は、私たちもこのホームレスと同じように多くのチャンスを逃しているかもしれないのです。


つまり、

○自分の年収はこのくらいで満足。

○自分の生活はこのくらいのレベルでいい。

○家族との関係は現在のままでいい。

○自分が乗れる車はこの程度のものだろう。

○一年に一回、家族と温泉旅行に行ければそれで満足。

○自分のパソコンの技術はこのくらいでいい。

これらの思考こそがあなたのセルフイメージです。


年1回、温泉旅行に行ければ満足というセルフイメージを持っている人が、毎年春と秋の2回家族で海外旅行に行けるようになる事はありません。


なぜならそのセルフイメージによって潜在意識にブレーキがかけられているからです。

いくらエンジンをふかしても、全力でブレーキを踏んでいたら、前に進まないどころか車が壊れます。


逆に

○自分は年収2,000万円稼げるんだ。

○自分は別送を買うことができる。

○愛する家族や親戚たちと常にいい関係を築いている。

○自分は最高のグレードの車に乗るに値する人物だ。

○行きたい場所に行きたい時に行ける。

○私は高い知識を持ったIT技術者にも劣らない

というセルフイメージを持てればこれらの事は実現するのです。


つまり、資格、車、体型、健康、資産、恋人、子供、友人など、あなたを取り巻くものは全てあなたのセルフイメージによって形成されていると言ってもいいのです。


では、そのセルフイメージを高めて、より上のレベルの成功を得るためにはどうすればいいんでしょうか?


こちらをお勧めします。
http://lifeisfun.livedoor.biz/mindset.html


私の紹介で多くの読者の方が購入してくださいました。
買ってくださったみなさん、ありがとうございます。


こちらの教材は購入者限定のサポートコミュが用意されていますので、作者の佐藤泉さんに直接質問する事ができます。


もうご案内があったと思いますが、それを十分に活用してぜひ目標を達成してくださいね。

また、返金保証がついているので、効果が感じられなかった場合は返金を受ける事ができます。

結婚、マイホーム、資格試験、ダイエットなど、今年こそ目標をかなえてください。

中古雑誌の販売からビジネスを学ぶ

首都圏の駅周辺などでコミック誌や週刊誌を並べて100円程度で売っているところをよく見かけますよね。

あのビジネス、いわゆる"ホームレス"や日雇いで仕事をしているような人たちが行っているようですが、彼らの収入は意外と高く、知り合いの中小企業診断士が本人たちに直接聞き取り調査をした結果では、月収60万円前後だったそうです。

ターミナル駅などでゴミ箱を探せば、その日に発売されたばかりで読み捨てられた雑誌がいくらでも入手できますからね。

商品原価はほぼゼロ、家賃や仲介者へのインセンティブなど販売管理費もほとんどかかりませんから極めて粗利率の高いビジネスであると言えます。

もっとも、このビジネスにもいくつの問題点があるように思います。

1. 駅のゴミ箱に捨てられた雑誌の所有権は誰にあるんだろう?
2. 駅周辺の公道上で許可なく商品の販売を行ってもいいんだろうか?
3. そもそも、彼らは申告を行って所得税を支払っているんだろうか?
4. 正規のルート以外で著作物を販売して利益を得る事は問題ないんだろうか?


こういった問題はあるにせよ、少なくとも現時点で彼らが成功しているのはアイディアに基づいて行動した結果ではないでしょうか?
行動すれば、かとえそれがどのようなものであれ、結果がついてきます。
得られた結果を検証して、次の行動に生かす事でさらに良い結果になります。
どんなビジネスでも、これが基本です。
基本を大切にする事がさらなる上達につながります。
本人画像
twitter_widget
Skype Me
amazon
記事検索