ウェブサイトを持っている個人や企業ならSEO対策業者から電話がかかってくる事が多いと思います。
私のところにもよくかかってきます。
昨夜も遅い時間帯にかかってきました。
その電話は相手にしませんでしたが、ちょっと時間がある時はかかってきた営業電話で遊ぶのも面白いです。
--
お忙しいところ恐れ入ります。当社はウェブサイトのSEO対策を行っている株式会社セオと申します。
貴社のサイトを拝見し、検索でさらに上位に表示される事ができると思い連絡いたしました。

・検索で上位に表示される事に興味があります。
・そちらの会社の住所はどこですか?

東京都渋谷区〇〇です。

・設立はいつですか?

平成〇〇年です。

・社長は誰ですか?

山田〇〇です。

・年商はいかほどですか?

なんでそこまで訊くんですか?

・仕事を依頼するかもしれない会社の事を知りたいじゃないですか?

あ、そうですか。
〇〇億円くらいです。

・取引銀行はどこですか?

ちょっとお待ちください。・・・・〇〇銀行渋谷支店です。

・社員は何人くらいですか?

大阪に支店もありまして、全部で30人くらいですね。

・定款には何が書いてあるんですか?

テイカンですか?・・・・・・

--
というように、質問責めにすると、そのうち相手が切れるか電話を切るかしてきます。

良い子はマネをしないでくださいね。