私のお客様にベトナム人の青年がいる。
彼がいつ日本に来たかのかとかどのような事情で日本で生活する事になったのかは知らないのだが、言葉もうまく通じない異国の地でビジネスを始めて大成功した。

去年、知人から紹介されて知り合い、エクセルで請求書を発行するためのシートの作成を依頼された。
その時は日本に来てから購入したと思われる中古住宅にお住まいだったが、今回新しい仕事を依頼されて訪れてみるとなんと店舗兼住宅が新築されていた。

ハウスメーカーを聞いてさらに驚いた。
あのセ○スイハ○スだという。
私は住宅に関しては詳しくないが、推定床面積やグレードを考えると一般的な建売住宅の2軒分ほどのコストはかかっているだろう。
この家族はこの住宅の隣にベトナムの食品や雑貨を扱う店舗も持っている。
いわゆる青年実業家だ。

ビジネスを始めて、それを発展させていくためにはいくつかの条件がある。
彼の方の場合でいえば、ベトナムが経済発展を続ける中で多くの同胞が日本に出てきており、そういった人たちに対してまだ日本ではほとんど扱われていなかった祖国の産物を販売するというアイディアがその成功の最大の要因だろう。

しかし、それだけで成功できた訳ではないはずだ。
私が考える"それ以外の原因"は夫婦や仲間との関係だ。
この夫婦は日本でビジネスをして成功するんだという方向性が一致している。
そしてそれが日本にいる祖国の仲間たちの役にたち、自分たちに豊かさや幸せをもたらすという共通の認識がある。
だからこそ短時間でビジネスの成功を収める事ができた。
そして素晴らしい家庭も築き上げた。
まだ子供たちも小さいが、両親のように立派な大人に成長するだろう。

よく言われる事で、成功には苦労など必要ない、ただ目の前の好きな事をやっていればいい。という言葉がある。
この家族を見ていると本当にその通りだと思う。
自分でやっていて楽しく、そしてそれが人を幸せにする事ならもう成功は約束されたようなものだろう。
さまざまな面から勉強させられた顧客だった。