先週末は会議ファシリテーション講座に参加してきた。
会議ファシリテーションとは組織を活性化する手法の一つであり、会議を通じてそれぞれのメンバーの不満を解消したりメンバー同士の誤解を解いたりしながらその組織の使命をより明確にしてゴールに近づくという事を目的としたものだ。

内容としては準備段階から参加メンバーの選出方法、ルールの決め方、発言しやすい雰囲気の作り方、時間管理、問題の分析と目的の明確化といったほとんどの組織の会議で通用する事だった。
これに参加して思い出した事がある。

以前勤務していた組織の会議はひどいものだった。
毎月1回、業績発表と商談中の案件などを発表し、その後1ヶ月の計画や目標、ルールなどを決めるというものだったのだが、内容は非常にお粗末だった。

会議とは会って機論すると書くように、参加メンバーが活発な意見を出し合ってより多くの案を出し、その中から問題解決に役立ちそうな事を残していくというのが一般的な手法だ。

しかし、その組織の会議はあらかじめ結論が決められており(これは社長の意見が結論そのもの)、その会合ではその結論を確認するだけ。
自分よりも上の立場の人に対して反対意見を言う事は許されない。
これでは改善するための活発な意見が出るはずもない。
結局その組織はその後まもなく主要なメンバーが退職し、規模の大幅な縮小を余儀なくされた。

立場や肩書きに関係なく、目標に近づくための案や意見が少しでも多くでる雰囲気を作っていく、これが会議を成功に導くために必要な考え方だといえる。
家族であれ企業であれ、人間同士の集まりであればコミュニケーションの重要さというのはいうまでもない。