あなたはどんな回線を使ってインターネットにアクセスしているでしょうか?
恐らくADSLか光ケーブルのどちらかではないかと思います。

CATVは光ケーブルです。
ヤフーBBはADSLです。

これからは光ケーブルが広い範囲に引かれる事が予想されますので少しずつADSLも少なくなっていくと思われます。
最近では電力線(コンセント)を使った通信が始まって注目されていますが、広く普及するのはまだ先のようです。

さて、あなたの家がADSLを使っているならBフレッツに切り替えた方がトータルでは得になる可能性があります。

以下に詳細を説明します。

1. まずは 現在かかっているコストを計算します。

・ 現在、一般的なADSL回線 + プロバイダ料金は 4,000〜5,000円となっています。(機器のレンタル料含む)
(低速ADSLサービスを除きます)

・ ADSLを利用するには加入電話に契約し基本料金を支払わなければなりません。

場所にもよりますが、NTTの加入電話の場合、1,600円〜1,800円程度の基本料金 + 屋内配線使用料がかかります。

 加入電話は遠距離になる程通話料金が高くなります。
例えば単身赴任のご主人や県外で生活している子どもさんに 頻繁に電話連絡をする場合、距離に応じて高額の通話料が発生します。
必要な費用 : 概算で 5,600円〜6,800円 + 距離に応じた通話料(IP電話中心に使用する場合を除く)

2. Bフレッツに変更した場合の料金

NTTの光ファーバーサービス Bフレッツは利用する建物によってサービスや料金が異なります。

・戸建住宅の場合
Bフレッツ ハイパーファミリータイプ 6,410円 (ぷららの場合)
(機器のレンタル料金、プロバイダ料金込み)

・ マンションなど集合住宅の場合
  その建物内で利用する人数によって変りますが、3,622円〜 (同)
(機器のレンタル料金、プロバイダ料金込み)

  Bフレッツを契約する事でひかり電話が利用できるようになります。
  これはIP電話と呼ばれるインターネットを利用した電話なのですが、一般の加入電話と同じ市外局番から始まる番号が割り当てられます。
(プロバイダが提供するIP電話は 050 から始まります)

つまり、加入電話を解約する事ができるため基本料金が安くなるだけでなく、日本全国料金が一律であるため遠距離通話が多い家庭では通話料の節約効果が大きくなります。
地域にもよりますが、今Bフレッツを申し込むと工事費無料 + 回線料金3ヶ月間無料などの特典があります。

  ひかり電話の基本料金 500円〜
  必要な費用 戸建住宅の場合で 約7,000円 + 全国一律の安い通話料

これを考えると、ADSLで速度が遅いと感じている方はBフレッツに切り替えてしまった方が得だと言えるでしょう。

※私を通して回線の切替を申し込まれた方は、業者への取り次ぎを代行します。
また切替の手続きなど不明な点をメールでアドバイスさせていただきます。
ご連絡はこちらまで -> happy.lucky.love@gmail.com