あなたの家にも "毎月の費用が安くなるのでインターネット回線を切り替えませんか" という勧誘電話や訪問セールスを受けた事があるかと思います。
この勧誘に応じて得する事は何もない という話です。

ある男性の場合(会社員)
家に訪ねてきた "料金が安くなります" と言うセールスの勧誘に応じて回線を切り替えた結果、必要のないオプションがたっぷりと付けられていて、それに気づかないまま3年も使っていた。
通信量が安くなるどころか無駄に高い費用を払っていた事になります。

別の男性の場合(店舗経営者)
利用している携帯電話会社に勧められて光回線を切り替えた結果、それまで問題なく利用できていた業務システムが動作しなくなった。
この業務システムは電話が着信した際、発信者の情報を表示させるもので、回線を変更した場合に正常に動作させるには改めて業者に依頼しての設定が必要だった。

別の男性の場合(年金受給者)
プロバイダを切り替えませんか との電話勧誘を受けて応じたが、それまで使っていた別のプロバイダを解約が必要という事を理解していなかったため、数年もの間利用していないプロバイダ料金をムダに払い続けていた。

外からプッシュ通知で入ってくる情報にはこちらが得する事は無い という事です。