2011年01月

群馬県伊勢崎市にあるパソコン技術支援の業者です。

当社は5人〜20人規模の企業・法人様を対象としたサービスを提供しています。

コンピュータシステムのメンテナンスやパソコン導入・入替のコンサルティングが得意です。

連絡先

TEL 0270-24-6253

携帯 090-8490-5606

後閑克己

Youtubeで動画を公開しています。

この国を憂いています

どこの国でもそれぞれがさまざまな課題や苦悩を抱えているが、今日本という国を蝕んでいるものの一つにパチンコの問題がある。

私を含めた多くの一般市民はテレビや新聞といったメディアが報じている事は知っているが、彼らがニュースとして取り上げない事に関しては概ね疎くなってしまう。
パチンコの問題はその代表的な事ではないかと思う。

ネット上の報道などによれば、日本の基幹産業は自動車でもエレクトロニクスでもなくパチンコである。
数字は統計上のものなので調査機関によっても異なるが、公表されている数字が事実なら日本国内で一般客がパチンコに使うお金の総額は自動車産業のそれをしのいで1位となっている。
国の主要産業がギャンブルというのは恐るべき事ではないだろうか?

国内で1年に1回以上パチンコをする人がどれくらいいるかというのも統計上の値なので正確には分からないが、一般には1,800万人とか2,000万人と言われている。
で、パチンコ店の売上合計をそのファンの数で割れば一人が年間に負ける金額が出るが、これが130万円とも150万円とも言われている。

これも驚くべき金額である。
パチンコファン全員がこれだけのお小遣いを持っている筈がないというのは容易に想像できる。
つまり相当な割合で借金をしているという事になるだろう。
これも概算の値なのだろうが、これらのファンの中でギャンブル依存症になってしまっている人やその予備軍が推定100万人もいるという。

ギャンブル依存症は治療が必要な病気と分類されている。
つまり、パチンコによって心を破壊されてしまった人が100万人もいるというこの現実。

今の社会保障のしくみでは、このような心の病を抱えて仕事ができない人を働いて税金を納めている人が支えている事になる。
今日のような高額な国民健康保険税になってしまったのも、多少なりともこういった事情がからんでいる事は間違いないはずだ。

ギャンブルで多額のお金を失ったり、納めるべき税金が高くなれば当然国民の可処分所得が減り、それが消費を冷やす原因になるというこの悪循環。
ゆえに自分はパチンコをしないから無関係という事はできない。
人間は社会を通じてつながっているので、どこかにゆがみがあればそれはいずれ必ず自分に巡ってくる事になるのだ。

それではこんな有害なモノがなぜ放置されているのかといえば、それは本来規制しなければならない側がそれによっていい思いをしているからに他ならない。

警察はパチンコの関連業界を天下り先にしているし、国会議員もやはり関連団体の役員や顧問などに名前を連ねている。
報道する立場のマスコミにはスポンサーという形で口封じしているため、これだけの巨悪が公然と存在しながら報道さえされない。

ちなみに韓国では2006年に法律でパチンコを完全禁止にして、日本と同じくらいあったホールを全面撤廃させた。
その韓国の資本が日本に来て、日本国民のお金を吸い上げているというこの事実を知るパチンコファンがどれくらいいるだろうか?

パチンコの問題に限って言えば、日本はもう既に病巣が治療不可能な状態にまで進行してしまったのかもしれない。

身の程を知る事の大切さ

今年のお正月、ネットで注文した高級おせちが注文時に指定した期日に届かなかったり、届いたものも画像とは大幅に異なり内容が少なかったり腐敗しているなど酷い状態だったという事件があった。
テレビでも流れたようなのでご覧になった方もいたかもしれない。

私もネットの記事で見たのだが、注文時の写真の通り容器が9分割されていて食材がギッシリと詰め込まれているはずが、届いたモノは4分割でしかも中身がスカスカの状態。
まあ作ってしまったのはともかくとして、こんな商品をよく顧客宛に発送するという気持ちになったなあというくらいのモノだった。

その後、販売した企業の社長が辞任したと発表されたり、この商品の販売を仲介していた企業が代金を返金した上でお詫びの品を送ると発表するなどしてこの騒ぎは決着したようだ。

あるサイト上に、この料理を販売した飲食店の社長にインタビューしたとする記事が掲載されていたのを読んだが、それによれば、当初予定していた数量を大幅に上回る注文が入り、その全部を正常に納品する事ができないであろう事が事前に分かったが(まとまった金額の売上になった事もあり)断り切れずに受注してしまい、その結果がこれだといった事を語っていた。

この行動を一笑に付す事は簡単だが、私の見方は少し違う。
私自身は今回のような "冷静な第3者から見れば余りにお粗末な結果" を招くような愚かな事をしていまう経営者はそんなに珍しくないと感じている。

一例を上げれば、以前私が勤務していた企業の社長がそうだった。
その企業は当時の社長が1人で始めて、それが次第に2人3人と増えていき、ピーク時は全部で30人近くになっただろうか?
当然収入もそれなりに増えていたはずで、その社長は自分は成功を収めたのだと気持ちが高ぶっていたのだろう。

当時、その企業は輸入ソフトウェアの販売及びそのソフトウェアによるシステム構築などの業務を行っていた。
好景気を背景にそれなりの利益も出していた。

ただ販売していたソフトウェア製品自体は他社が輸入しており、これが不満だったようでその製品の日本総代理店の立場を手に入れようと画策、間に大手商社を入れて、それまで付き合いのあった会社を裏切るような形で強引に自社を直接の輸入先とする契約をしたのだった。
毎月の最低購入金額といった危険性の高い内容も含まれていたが、絶対に販売権が欲しいと考えていたようで傍目には無謀とも思える契約だったと思う。

ところが、ソフトウェアの輸入販売については社内になんのノウハウもない素人同然の集団に、ぶ厚いマニュアルやソフトウェア製品の日本語化といった非常に専門性が高くかつボリュームのある作業を高いレベルでこなせるはずもなく、それでも社長はプライドがあったのか自社での作業にこだわり日本語とはいえないような全くおかしな文章のパンフレットを配ってしまったり、さらには製品の価値を過大評価したのか競合する製品の3〜10倍もの価格設定にしてしまった。

その結果どうなったかはここに書くまでもないだろう。
企業の規模に見合わない多額の資金を失う事になってしまった。
人間って自分の身の丈を知り、それに合った行動をしないととんでもない事になるという事を学んだ出来事だった。

新年のニュースを見て、昔の事を思い出したので書いてみた。

iPadは素晴らしい

2010年12月下旬にiPadを購入しました。

自分へのクリスマスプレゼントが欲しいなと思っていたところ、ちょうどいいタイミングでソフトバンクがiPadの本体無料キャンペーンを行っていたために購入したものです。

私自身パソコンの専門家として長く活動してきてはいるのですが、実はこういったモバイル機器に関しては触れる機会も多くなくてそれほど知識もない状況でした。
しかし、使ってみてその便利さに驚愕しました。

最初に驚いたのが、ソフトウェア(アプリ)の豊富さ。
ビジネスで役立つマイクロソフトオフィス関連のファイルが扱えるアプリはもちろん、絵本や知育教育などの子供向けのもの、オンラインで対戦できるゲームやカラオケ、電子書籍・雑誌など幅広いジャンルで、しかも楽しそう、かつ利用価値のありそうなアプリが目白押しです。

その中でも私が特に便利さを実感しているのが地図アプリです。
音声ガイド付きのナビゲーションが年間利用料900円で使えるようになっており、早速ダウンロードしてみました。
車に搭載されているナビ専用機と比べれば劣りますが、機能的に事実上十分でした。

iPadのGPSは屋内でも問題なく使える事からアメリカの静止衛星を利用しているのではないようで、どういったしくみになっているのかは判りませんが、遅ればせながらこんな小さな筐体でこれだけの事を実現しているという事実を知ったのはまさに衝撃的でした。

ただ、使ってみて競合製品との比較で欠点と思えるところも多数あります。
・USBポートがない
・SDカードスロットがない
・カメラがついていない
・スピーカーが1つ(モノラル)
・FLASH,JAVAが動作しない

上記の欠点は技術面の問題ではなくいずれもAPPLEの経営戦略上の方針からそのようにしているらしく、近く発表されると見込まれているiPadの新しいモデルでは表と裏の両方にカメラが付くようです。

一方でiPadに競合する製品としてAndroid端末があります。
Androidも魅力的なアプリが多数あり、また多くのメーカーが参入していてネット上では10,000円を切った価格のものもあります。

これらの機器は標準では通話機能はついていませんが、無料電話のスカイプとポータブルタイプの無線LANルーターとの組み合わせで携帯電話と同じ使い方をする事も可能です。

タブレット型情報端末は無限大の可能性を秘めた魔法のツールだと感じています。

通信費用が60,000円節約できました

先日依頼のあった案件で通信費の月の支払いが約5,000円以上安くなったという事例をご紹介したい。

以前も利用して下さったあるお客様から無線LANを接続して欲しいとの依頼。
電話で必要な機器や書類が揃っている事を確認の上、訪問日程を数日後に調整した。

こちらのお客様宅は広い敷地に建っていて、同じ敷地内に息子さんの家がある。
地方都市で、農家の多い地域はこういった家庭は比較的多いと思う。

通信環境は加入電話にヤフーBBのADSLである。
無線LANは短時間で接続できて、依頼内容はそれで完了なのだが、私はこのお客様の通信環境を見てもったいない使い方をしていると思った。
なぜなら両親の家と息子さんの家でそれぞれ別々にインターネットを契約しているからだ。

こういった場合、どちらか一方のみの契約で両方の家で電話及びインターネットを利用する事が可能なのだ。
なので私はその旨をお客様に提案した。

息子さんの家はBフレッツだという事だったので、今回は両親宅の加入電話及びADSLの解約をお勧めした。
両親の電話番号を息子さん宅のひかり電話の子番号に変更し、LANケーブル及び電話線を地下埋設して配線すれば現在支払っている加入電話の基本料金及びADSL料金がそっくり節約できる事になる。

私は切り替えの利点をお客様に説明し、そういった事が可能なのであればお願いしたいとの回答を得たため、工事費用の見積をお願いするため取引のある電話の工事業者に連絡した。

私は実家の離れを事務所として使っているのだが、母屋の電話番号をこの事務所で使っているひかり電話に変更する際に作業を依頼したのが今回の業者で、それ以来協力関係になっているのだ。

数日後、日程を合わせてお客様宅に訪問し、現地の環境を確認してもらう。
息子さん宅は新築して数年の新しい家で、室内配線用のパイプが埋め込まれているようで、それを利用すればうまく配線工事が可能である事が確認され、見積金額も提示された。

という事で、今回のような同じ敷地内や二世帯住宅の場合、どちらか一方に光回線を引けばもう一方は電話を解約する事が可能だ。

今回のお客様のように年間6万円以上も得したい方は私までご一報を。
(メール cosmosアットbd.wakwak.com または 0270-24-6253)

上州将棋祭り

2011年が明けました。
我が家の年末年始はいつも通りでした。

年末は掃除、餅つき、買い物。
年明け1日は関係先に年始回りなどをした後、私の親戚関係と新年会、2日は妻の親戚関係と新年会、3日は初詣などをして過ごしました。
天候にも恵まれ、穏やかなお正月でした。

4日は高崎のヤマダ電機で行われた上州将棋祭りに参加しました。
今回は第1回という事で地元群馬の出身棋士など11名の棋士が参加しました。
群馬で将棋のイベントが行わる事はほとんどないので、このような企画が住まいの近くで行われる事は将棋ファンにとって喜ばしい事です。

私は10時30分過ぎに会場に到着。
ちょうどステージでは女流棋士の対局が行われていました。
また会場内では藤井九段や北島六段など参加棋士による指導対局も並行して行われ、さらには将棋盤と駒が20セットほど用意されプログラムで使用される以外の時間は参加者同士で自由に対局する事ができるというスペースも設けられていました。
新年早々将棋ファンにとっては願ってもない企画です。

会場内は椅子席が250席用意されていた他に立見客であふれ、指導対局が行われている席の周囲には人の壁ができていました。
こういったイベントですからそれなりに遠方から来ている人も多いはずですが、それにしても一般的には地味な趣味と考えられている将棋がこれほど集客力があるのかと驚かされました。

私はステージで行われているメインの対局を気にしつつ、自由対局コーナーで参加者を捕まえて対局を楽しみました。
最近はネットを通じて、もしくはパソコンソフトでの対局ばかりだったので、実物の盤と駒を使った人間同士の対局は新鮮に感じました。

参加されたプロ棋士の姿を見て感じた事があります。
羽生名人をはじめとした一流棋士でブクブクと太っているような人はまずいないという事です。
それはつまり自己管理がしっかりとできているという事を意味しています。

仕事やビジネスで成功している人は経済面だけでなく健康面や交友関係など人生のあらゆる面でうまくいっていると言われますが、この法則は将棋のプロ棋士についても例外ではありません。

指導対局で将棋を指していた坂東香菜子女流2級はとっても線が細くてまるでモデルのような容姿でした。
あの美貌で将棋も強いというのだから、恐るべき人物だと感じました。
もちろんそれ以外の棋士も厳しい勝負の世界で生き残ってきた人ばかりであり、やはり近くで見るとオーラのようなものを感じました。

新年からとてもいい刺激を受ける事ができました。
こんな素晴らしい企画を無料で楽しむ事ができた事を感謝します。
関係者のみなさん、ありがとうございました。
本人画像
twitter_widget
Skype Me
amazon
記事検索