群馬県伊勢崎市にあるパソコン技術支援の業者です。

当社は5人〜20人規模の企業・法人様を対象としたサービスを提供しています。

コンピュータシステムのメンテナンスやパソコン導入・入替のコンサルティングが得意です。

連絡先

TEL 0270-24-6253

携帯 090-8490-5606

後閑克己

Youtubeで動画を公開しています。

ツールバーを表示しておくだけで報酬

Agloco(アグロコ)というサイトが日本でもサービスを開始します。

これは、ビューバーと呼ばれるツールバーの一種を画面に表示しておく事で時間に応じて報酬になるというものです。


このビューバーには広告が流れたり、テキストボックスがついていて検索ができるなどいくつかの機能があります。


つまり、スポンサーが配信する広告やビューバーで検索した先のサイトに掲載されている広告主などから支払われる広告料金の一部がメンバーに還元されるというしくみになっているようです。


また、あなたがこのAGLOCOをブログなどで紹介する事で新しいメンバーを獲得した場合、そのメンバーの報酬の一部もあなたに入ります。


具体的な金額などはまだ発表されておらず、またビューバーもまだダウンロードできない状態(3月中に公開予定)なのですが、サービス開始前の
この時期だからこそメンバーを集めるチャンスなのです。


あなたの配下に大きなネットワークを作ればそれだけ大きな報酬が期待できるとうわけです。


なお、このような方式に抵抗のある方は登録を見送って下さい。


今回のサイトは、よくある "登録に○○円必要" とか "システムの説明をしている資料を○○円で買う必要がある"といった事は一切ありません。


無料で登録するだけでなのでなんのリスクもありません。
ですから登録を躊躇する理由はなにもありません。


登録はこちらからできます。

V

http://lifeisfun.livedoor.biz/agloco.html


現在日本語のサイトが用意されていませんので登録画面は英語です。
しかし、住所や氏名、それにメールアドレスなど簡単な登録をするだけですので問題ないと思います。

不明店はお問い合わせ下さい。

世界最大級の動画検索サイト

バンク・オブ・イノベーションという会社が動画検索サイトの運用を開始した。

http://fooooo.com/

このサイトは、YouTubeなど国内外の動画投稿サイト50ヶ所から動画を検索して表示してくれるというものだ。
検索対象となる動画は 2,300万件以上になるという。

動画投稿サイトの代表格である YouTube(ユーチュ−ブ)は世界的に人気が高いのだが現時点で日本語版が用意されていないため、英語が苦手な利用者は直接画面を操作する事に抵抗を感じているようだ。

そこにこういったサービスが入り込む余地がある。

このサイトを早速使ってみた。

画面のデザインは明らかにGoogleを意識したシンプルなものだ。

キーワードとして "リア・ディゾン" と入力し "検索" をクリックすると 0.005秒で85件の動画が検索された。
検索エンジンとしてのレスポンスは素晴らしい。

英語のインターフェイスも用意されている。

このサイトはまだ始まったばかりという事もあってビジネスとして収益を上げてはないようだが、まずは集客をする というのがネットビジネスの考えかただ。
集客さえできれば必ず収入につながる。

実際、YouTubeも あれだけ大規模な投資が必要なサイトを運営していて何の得があるんだろうと考えられていたが、Googleに買収される結果になり、創業者は短期で莫大な利益を手にした。

このサイトが今後どのようなビジネスに結び付けていくのか注目だ。

最近の電話事情

○加入電話(固定電話)


NTT東西、KDDI、ソフトバンクテレコムなどが提供しています。

これから新規に電話を引く場合、NTTを利用するには加入権として37,800円を支払うか、または基本料金に262円を加算する事で加入権が不要になるライトプランを利用するかのいずれかになります。

(加入権を売っている業者から買うという選択もあります)


また、KDDI、ソフトバンクテレコムの回線を利用する場合、加入権は不要で基本料金もNTTより安くなる場合があります。


ただし、NTT以外の通信会社は必ずしも全国で利用できるわけではないので回線を引く地域で利用できるかあらかじめ調査する必要があります。


NTT東西は採算がとれるかどうかに関係なく全国でのサービス提供が義務付けられています。


通話料金に関しては KDDIはau携帯への通話が他社よりも割引になっているなど各社独自の設定にしてあり、一概にどこが安いとは言えません。


また、KDDIの電話(メタルプラス)は他社のADSLが利用できないなどの制約もあるので単に電話料金だけで考えずに通信環境全体で検討する必要があります。

加入権不要の固定電話 -> http://lifeisfun.livedoor.biz/kddi.html



○IP電話

IP(アイピー)電話というのはインターネット回線を利用した電話の事で、提供しているのは各プロバイダーです。

国内で営業しているプロバイダの多くがこのサービスを提供しています。
利用者には 050で始まる番号が割り当てられます。

利用するにはブロードバンド回線とIP電話に対応する機器が必要です。
機器は通常プロバイダがレンタルしています。

基本料金無料、国内加入電話との通話は一律 8.4円/3分、同一業者同士、及び提携プロバイダ同士の通話は無料などとなっています。


提携プロバイダというのはお互いにIP電話を無料で使えるように提携している企業グループの事で、そのグループに属しているIP電話同士の通話は無料、他グループへの通話は有料となります。

なお、IP電話といっても電話器自体は一般のものを使用します。
電気店でIP電話用の電話器が売られているわけではありません。


この節の冒頭で述べた通り、IP電話はインターネット回線を利用した通話ですからインターネットとセットになっています。
プロバイダと契約をしないでこのIP電話だけを利用する事はできません。


これを利用する事で自宅に2つの電話が入る事になりますので利用方法が広がります。

例えばIP電話をFAX専用にしたり、自営業をしている人なら仕事専用の電話にするなどの活用方法が考えれられます。


○ひかり電話

NTTの光回線 「Bフレッツ」に付随したサービスです。
基本的なしくみは前述したIP電話と同じなのですが、ひかり電話は加入電話と同じ 市外局番から始まる番号を使う事ができます。

また基本料金が500円〜と安く使えますのでADSL+加入電話 の組み合わせと同じ程度の金額で利用する事ができます。

すでにBフレッツを利用していて電話を一般の加入電話のままにしている場合、ひかり電話に変更する事で基本料金が1,000円程度安くなる場合があります。


○パソコンを利用した通話ソフト

インターネットに接続したパソコンが1台あれば無料で世界中に通話する方法があります。

以前にご紹介した[スカイプ]や、こちらの[スパークフォン]などがそれにあたります。
http://lifeisfun.livedoor.biz/spark.html


ヘッドセット(マイク付きヘッドフォン)をパソコンに接続して通話するので電話機自体が不要です。

また、電話番号を割り当てる事もできるので、一般の加入電話や携帯から着信する事も可能です。
(この場合は通話料金がかかります)


○あのUSENが車で聞けます。

通信衛星からの電波を受信するユニットを車に取り付けるだけであなたの車が最新の曲が流れるオーディオルームになります。
詳しくはこちら -> http://lifeisfun.livedoor.biz/usen.html

名刺作りを楽しむ

名刺といえば以前は印刷業者に依頼して作るものと決まっていましたが、ここ4〜5年前くらいから 私が頂く名刺の半分以上は手作りのものに変ってきました。

プリンタの印刷品質が飛躍的に向上したという事が背景にありますが、それだけでなく自分自身で作る事で味わえる楽しさや自由さ、そして経済性という事も
その理由としてあげられるでしょう。


私自身も5年以上前から仕事で手作りの名刺を使っています。
印刷業者に依頼すると最低発注枚数などの制約があったりしますが、それよりなにより個性を主張するのが難しいのではないでしょうか?


その点、手作りなら目一杯個性を主張する事ができます。
ちなみに、私の名刺は読みやすさに重点をおいているため大きな文字を使って名前や連絡先を書き、デザイナーに頼んで描いてもらった似顔絵を入れています。

これがとっても似ていると評判で、それだけ相手の印象にも残るのではなか と考えています。

この手作り名刺はパソコンとプリンターがあれば、あとは用紙を買ってくれば手軽に作る事ができます。



以下に手順を説明します。

1. 作成ソフト(無料)をダウンロードしてインストールします。

ラベル屋さんHOME
http://www.labelyasan.com/apl/


2. 用紙を用意します。

今回使用する "ラベル屋さん" は エーワンという宛名シールやビジネスの用紙などを作っている会社が自社の製品用に提供しているものですので
必ずエーワンの製品をご用意下さい。


使用する名刺用紙はA4サイズのもので用紙1枚で10枚分の名刺が作れるようにミシン目が入っているものです。
家電量販店や大型文具店などで購入する事ができるはずです。


3. 名刺のデザインを検討します。

ソフトを起動する前に、どのようなデザインの名刺にするのか紙に書いてみて下さい。
また、それを作るのに必要な画像なども用意して下さい。
例えば顔写真を使うのであれば、あらかじめ携帯やデジカメで撮影し、適当な大きさの画像ファイルにして用意しておきます。

4. ラベル屋さん を使ってデザインします。

起動 -> 名刺/会員証 -> 用紙選択 -> デザイン作成

という手順になります。

一目見ただけで使えるようになっているので操作に迷う事はないと思います。
また、多彩なテンプレートも用意されているので冴えたデザインが思いつかなくても大丈夫です。
1枚だけデザインを作れば印刷時に同時に10枚印刷してくれます。

このソフトは起動後の画面を見ると分かるとおり、 CDへの印刷や結婚式の席次表などさまざまな印刷ができる便利なものです。
ぜひあなたの家庭でも活用して下さい。

音声でテキストを入力する方法

マイクロソフトのオフィス(2000以降)が入ったパソコンは音声入力機能が使えます。

音声入力とは パソコン接続したマイクに向かって人間が話した音声をパソコンが解析して文字に変換する機能です。


これを行うには以下の2つが必要です。

○マイクまたはヘッドセット

パソコンに付属している場合もありますし、なけれな電気店で数百円から購入する事ができます。

○添付されているオフィスのCD

通常はトラブルが無い限り使う機会がないため、どこかにしまわれているかもしれません。
探しておいて下さい。

標準の設定(購入時から変更していない場合)ではこの機能が使えない場合もあるので手順に沿って説明します。


○現在の設定で音声入力が使えるか確認します。

確認手順

 コントロールパネル

v

音声認識

 音声認識のプロパティのダイアログボックスの中に、音声認識と音声合成の2のタブがあれば使用可能。

 なければ以下の手順で音声入力機能を追加してください。

○音声入力機能の追加手順

コントロールパネル

v

プログラムの追加と削除

v

Microsoft Office XP Personal (XPの場合)
変更をクリック
v

機能の追加・削除
次へ
v

Office 共有機能

v

入力システムの拡張

v

IME

V

IME パッドアプレット

V

音声アプレット

v

マイコンピュータから実行

v

この後、CDのセットを求められたらドライブにオフィスのCDを入れます。


最初に使う時には以下の手順が必要です。

○トレーニング

 音声変換はいきなり使用できません。

 トレーニングという手順が必要です。

 トレーニングとは利用者の"発音のくせ"をあらかじめ パソコンに登録する事で変換精度を上げるというものです。


 音声認識のプロパティの中にある、 プロファイルのトレーニングというボタンを クリックすればトレーニングが開始されます。

 表示される指示に従ってダイアログの 文章を読み上げて行きます。


○マイクの構成

 マイクの感度調整などを行います。


○実際に音声で文字を入力してみましょう。

・ワードやメモ帳などの文字入力ソフトを起動します。

 ・IMEツールバーの中にあるIMEパッド をクリック

・表示されるメニューの中の "音声入力 "をクリック"

・IMEパッド - 音声入力 のダイアログボックスが表示されるので赤のボタンを押して音声入力開始状態にする。

 ・マイクに向かって入力したい文章を話す。


うまく入力できたでしょうか?
本人画像
twitter_widget
amazon
記事検索