群馬県伊勢崎市にあるパソコン技術支援の業者です。

当社は5人〜20人規模の企業・法人様を対象としたサービスを提供しています。

コンピュータシステムのメンテナンスやパソコン導入・入替のコンサルティングが得意です。

連絡先

TEL 0270-24-6253

携帯 090-8490-5606

後閑克己

Youtubeで動画を公開しています。

企業・法人向けパソコンサポート業者です

ブログネタ
楽しく!仕事を成功させましょう! に参加中!
オフィスハピネスでは企業・法人向けにシステムのメンテナンスサービスを提供しています。
パソコン機器やシステム導入・機器入替などどんな事でもご相談下さい。
ベテランのITエンジニアがその問題解決の手助けをいたします。
群馬県内・埼玉県北西部、栃木県南西部を主な対象地域としていますが、内容によっては全国対応も可能です。

オフィスハピネスではこれまでネットワーク構築やトラブル解決などの多くの技術支援依頼を受けてきました。
そしてその問題を解決してきました。
大丈夫、それ以上悩まないでとにかく一度お問合せください。
お客様の笑顔が私たちの歓びなのです。

連絡先 0270-24-6253 (ゴカン直通)
携帯電話 090-8490-5606
メール ask@happiness-jp.com
スカイプ stylish_cool_guy

MADE IN JAPAN

以前に対応した事があるお客様で、パソコンを購入する際に日本国内で製造された製品に異常にこだわる方がいました。
MADE IN JAPAN以外は全て品質が低い製品と判断して購入を避けたようでした。
この思考は物事を知らない人の考え方だと思います。

そもそもパソコンに限らず多くの工業製品は複数の部品の集合体です。
MADE IN JAPANとは、最終的に日本国内でその製品が組み立てられた事を意味するに過ぎません。
パソコンはCPUやマザーボード、ハードディスク、電源ユニットなどの部品で構成されている製品ですが、その個々の部品の多くは台湾や中国などの海外製です。
製品やそれに使われている部品が信頼できるかどうかは"どこの国で作られたか" によってではなく、"いかにしっかりした品質管理に基づいて製造されたか" によって決まります。

実際、アップル社の製品も東南アジア諸国で作られているとされています。
海外で作られたから品質が低いと誤解して自ら製品の選択肢を狭くしている人ってカワイソウだと感じます。

回線の電話勧誘に応じた結果・・・

先日、インターネット接続設定作業の依頼を受けてあるお客様宅を訪れた時の事。
依頼者は推定70代前半くらいの障害のある男性の方。
回線を切り替えませんかというセールス電話に応じて回線を変更したので必要な設定をして欲しいとの内容でした。

このお客様宅は、インターホンと電話とインターネットが連動する構成になっていて、玄関先でインターホンが押されると電話が鳴り、受話器で会話ができるようになっていたのですが、回線を切り替えた事で機器構成が変更されてしまい、インターホンが全く機能しない状態になっていました。
依頼者は車椅子を利用している都合上、壁に設置されている機器が使えないのであえて電話を利用していると考えられましたが、これまで問題なく使えていた機能が使えなくなって困っているとの事でした。

現地で調査した結果、インターホンを利用するために以前の通信機器に接続されていた部品は新しい回線環境では使えない事が分かり、新しい環境での設定は不可能と判断してこの作業を終えました。
その後このお客様がどうされたのかは把握しておりません。

これは一例ですが、私が日々設定作業を行っている中で電話勧誘に応じて得したという話は一度も聞いた事がありません。
電話をかけてくる彼らはインセンティブ(報酬)だけを目当てに無責任な勧誘をしていて、利用者が回線を切り替えた後の事など何も考えていません。
絶対に相手にしてはいけない業者だと思います。

2018年の展望

後閑です。
2018年が始まって3週間近く経ちますが、おかげ様で毎日忙しく過ごしています。
当店は大きく訪問サポートとネット販売の2つの柱があり、現在その両方とも順調に推移しています。
ビジネス(自営業)を初めて19年目。最近感じる事があります。
これはよく言われる事ですが、ビジネスって難しい事じゃない・っていう事です。
相手(お客様)が欲しい・魅力を感じる(物やコト)を用意してそれを妥当な価格で提供する・・・実はこれだけの事なんです。
・暑くてノドが乾いた人→お茶
・到着した駅から目的地まで速やかに移動したい人→タクシー
・結婚して住む家が欲しい人→アパート
つまりは人の欲望を満たしてその対価をいただくというのがビジネスの本質です。
人の欲望は無限なのでビジネスチャンスも無限という事になります。
いかなる商品やサービスも現時点で完璧というモノはありません。
世の中に存在する全ての製品やサービスには改善の余地があるし、まだ提供されていないサービスも無限にあるといって間違いではありません。
また大企業ではできない、いわゆる"スキマビジネス"も無限に存在します。
素数が無限にあるとは思えないけど実際は無限なのと同様、ビジネスチャンスも無限にあるのです。
私は去年の年末、やれば利益が出る事が分かっていながら勇気がなくてそれまでできなかった事を一つ実行しました。
すでにその結果が出始めています。
今年はブレークスルーの年だと考えています。

起動しなくなったパソコンからデータを救出する方法

この記事は業務でパソコンを使用していて、基本操作ができる方を対象に記述しています。
また、一般的なパソコン用語が理解でき、パソコンの基本的なしくみを理解している方を読者として想定しています。

それが業務であれ趣味であれ、パソコンをある程度の期間日常的に利用し続けている方なら必ず遭遇するのが"パソコンが起動しなくなる"というトラブルだと思います。
なぜならパソコンを起動させるための情報(ファイル)はハードディスクなどの機械的な部品に書き込まれているからです。
機械的な部品には寿命があり、使い続けている限りいつの日か必ず壊れます。

その"起動できなくなった"時、本体の中に記録されている見積書や提案書、あるいは現場で撮影した数千枚もの画像のバックアップがを取っていない場合、どうすればいいでしょうか?
専門業者を呼ぶという選択もありますが、遠方から来る場合、または技術者の都合がつかない場合などはすぐに対応してもらえませんし、都合がついたとしてもそれなりの費用がかかります。
パソコン内の資料を参考に今日中に見積書を提出しないとせっかくの商談が流れてしまう・・・そんな時、あなたならどうしますか?

こんな時、一つの方法として KNOPPIX というOS(オペレーティングシステム)を利用してパソコンを起動するという方法があります。
KNOPPIXはクノーピクスまたはノピックスと読み、Linux(リナックス)の一種です。
このKNOPPIXはインターネット上に無料で公開されていて、誰でも自由に利用する事ができます。
一例として以下のサイトがあります。
こちら

使い方は以下の通りです。
なお、今回はKNOPPIXをCDまたはDVDから起動させるため、この方法を使うには対象となるパソコンに光学ドライブが装備されている必要があります。

1. 利用したいKNOPPIXのファイル(iso形式)をダウンロードする。
2. 1でダウンロードしたファイルをCDまたはDVDにisoイメージで書き込む。

以上の2ステップで起動メディアが作れます。
後は作ったメディアを該当のパソコンに入れてそのメディアから起動させればOKです。
(DVDドライブからパソコンを起動させるにはBIOSで起動順位を変更する必要がある場合があります)
knoppix
KNOPPIXの起動画面はWindowsと似ているのでWindowsを使い慣れている人なら直感で使えると思います。
救出したいデータが記録されているドライブを開き、D&D(ドラッグ&ドロップ)操作でUSBフラッシュメモリなり外付HDDにコピーします。

なお、この方法はあくまでそのパソコンのデータ領域が正常であるという事が前提です。
データ領域が破壊されているなど正常に読み取れない場合はこの方法ではデータ救出を行う事はできません。
このような素晴らしいシステムが無料で使える事に感謝します。
本人画像
twitter_widget
Skype Me
amazon
記事検索